●●●テゴさんと線画交換してみました●●●
■日曜の昼下がりダラダラと会話をしながら、やろうやろうと言いつつスッカリ忘れてた線画交換の話になり「いつやる?」「誰描こうか!」
と盛り上がりテゴさんこと手越原徹と線画交換してみました。お互い別ジャンルにも関わらずブリーチが出てきたのはその時の会話の流れなんですが、
藍染と喜助をそれぞれ託し、帰ってきた絵のこの違い…。あきらかな差が…これ!伝わってますかしら(笑)

























■テゴさんの藍染に守里が色を塗りました。線画の第一印象は
『塗りやすそう…』でした(笑)つかホントに自分の絵よりさくさく塗れたよ!
骨格がしっかりしてるとこうも色が塗りやすいのか…!(感動)
しかしあたしが塗ったとたんに、渋かった藍染さんが一気に安っぽく…アレ?
彩度のせいなのか色に統一感が無いせいなのか(どっちもかな…)
とてもうさんくさくなってしまった…。ごめんね藍染(とテゴさん)!
さらに今使えるフォントが少なくて半端な文字入れで終わってしまって
早くもリベンジしたい気まんまんです…!!ぬおお…!
次はヒゲとか描いてねテゴさん!濃いやつやろうぜ!(笑)
■…ふおおお…!喜助に命がー!手越原先生はキスケ=黄色?という私の
ふやけた脳みそをガツンと緑に染めてくれました…ブラボー!!(笑)
どんな仕上がりになるのか全く想像つかなかったんですが
この渋い色使いに、皮膚の薄い肌の色…(←ポイント)まさしくテゴさん(笑)
お互い案外特徴あるもんだね!自分の絵とはいえ、色をつけて仕上げてもらうと
全く別物になるから不思議です(笑)普段自分で描いた絵(線)を
ココまで客観的に見ないからなあ。変な感じです(笑)
改めて喜助がこんなカッコよくなって帰ってきた事に感無量です…幸せ!
テゴさんありがとう!!次は何を描こうかなあ(笑)